京アニ放火の犯人像「視野狭くストレス耐性低い」 元刑事が分析

記事まとめ

  • 京都アニメーション放火事件の青葉容疑者を、「視野が狭く、ストレス耐性が低い人物像」と元刑事が分析した。
  • 青葉容疑者は窃盗事件など、数回の逮捕を経験している。
  • 近隣住民との軋轢も起こしていた。

京アニ放火 元刑事が犯人像分析「視野狭くストレス耐性低い」

京アニ放火 元刑事が犯人像分析「視野狭くストレス耐性低い」
       

7月18日、京都市伏見区の「京都アニメーション」第一スタジオで、いつものように作業に没頭していたスタッフたちを突然襲ったのは、紅蓮の炎と大量の黒煙だった。

24日時点で命を落としたのは34人、そして負傷者は34人。亡くなった34人のうち女性は20人、負傷者では17人。犠牲者のなかにはたくさんの女性たちがいたのだ。

彼らの夢や未来を一瞬にして焼き尽くした青葉真司容疑者(41)だが、その犯行理由は謎に包まれている。自らも大やけどを負い、現場から逃げてきた容疑者を介抱した女性(61)は、こう証言した。

「最初は、火事の被害にあった京都アニメーションの人だと思っていましたが、あの人たちはきゃしゃな体格の人が多いのです。それにしてはガッシリしていましたし、お腹には刺青がありましたし、違和感を覚えるようになりました。そのうち数名の警察官が男性を取り囲んで『何でこんなことをしたんだ?』など、質問を始めたので、ようやく犯人らしいとわかりました。男性は『パクられた』ということを言っていましたが、そのときは“京都アニメーションに対して強い怒りを感じているんだ”と、思いました」

埼玉県警捜査一課刑事の佐々木成三さんは次のように語る。

「今回の事件の犯人は、事前に包丁やハンマー、ガソリンを入れるための携行缶や台車などを用意しており、本人としてはいろいろな状況を想定し、周到に用意したようです。彼なりに計画性があったわけですが、あえて放火という方法を選んだのは、特定の個人ではなく、京アニという会社全体に深い恨みを持っていたからだと思います。しかし、そのいっぽうでガソリンを40リットルも購入して火をつけるという行動は尋常とはいえません。ガソリンは1リットルでも危険ですし、結果的に容疑者自身も火に包まれたようです。一連の行動からは視野が狭く、ストレス耐性が低いという人物像が浮かび上がってきます。またストレス耐性が低い人物は、トラブルを起こしやすい性格でもあります」


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。