山下真司 「スクール☆ウォーズ」台本で「こんなに泣くのか」と驚いた

記事まとめ

  • 「スクール☆ウォーズ」が、DVD BOXでよみがえることになった。
  • 泣き虫先生・滝沢賢治を演じた山下真司は、台本で「賢治、涙する」というのが多く、苦労したという。
  • いまだに涙もろさがぬぐわれていないと述べ、白熱したラグビー試合で感極まって泣いてしまったと述べた。

山下真司「こんなに泣くの!?『スクール☆ウォーズ』台本に驚いた」

山下真司「こんなに泣くの!?『スクール☆ウォーズ』台本に驚いた」
       

9月にラグビーワールドカップの開催を控えている日本。ラグビーといえばドラマ『スクール☆ウォーズ』を思い出す人も多いはず。そしてこの伝説のドラマが、DVD BOXでよみがえることに!

「自分にとってでかい作品でしたね。放送から35年もたっているのに、こういうふうにインタビューを受けるとは思っていなかったから。僕の喜ばしいキャリアです」

主人公の滝沢賢治を演じた山下真司(67)はそう話す。撮影時の思い出を聞いてみると、「つらいことばかりだった」と振り返った。

「初の主役で責任は重いし、やらないといけないことはいっぱいあるし、大変でした。でも5回目ぐらいから視聴率が上がってきて、支持を得られたことが励みになってきたんです。次第にきつい、つらいという負の気持ちよりも、世間に認めてもらったことへの喜びが大きくなっていきましたね」(山下・以下同)

本作は、校内暴力で荒れる高校の弱小ラグビー部を、熱血教師の滝沢が全国大会優勝へと導く実話に基づいたドラマ。泣き虫先生・滝沢を演じるうえで最大の苦労は、“泣く”ことだったという。

「最初台本を見たときに『賢治、涙する』っていうのが多くて、こんなに泣くのかよって思ったのはすごく覚えています。実際苦労しましたしね。でも、そのうちに涙するって書いてないのに涙したり。それぐらい心が敏感になってね。そしていまだにその涙もろさがぬぐわれていないという……」

先日、秩父宮ラグビー場で観戦したときも、白熱する戦いに感極まり、涙を流してしまったそう。

「それを横にいたお客さんに見られてしまって『山下さん、本当に泣き虫なんだね』って言われて、恥ずかしいなって(笑)。ちょっと熱いシーンを見るとラグビーに限らず涙があふれますよね。1回スイッチが入っちゃっているからオフにならないです」

※『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』DVD BOX 9月4日発売。〈HDリマスター版〉2万9,160円、Blu-ray BOX〈通常版〉3万6,288円(ともに税込み)。発売元/TBS、発売協力/TBSグロウディア、販売元/キングレコード

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。