「韓流エンタメの特徴の1つとも言えるのが、面白おかしい“推し”へのニックネームや、造語。例えば、社会現象ともなった『愛の不時着』でも、“顔天才”“母胎ソロ”など、秀逸な造語が話題となりました」

そう語るのは、韓流エンタメに精通している映画プロデューサーTさん。

近年、国を挙げて推進している韓国エンタメは成長が目覚ましく、カンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』、アルバムがアメリカのビルボードチャートで1位を記録するなど世界中で人気のK-popグループ「BTS(防弾少年団)」、前述の『愛の不時着』をきっかけに日本で起きている韓流ドラマブームなど、その躍進ぶりは枚挙にいとまがない。そんな昨今の韓流カルチャーだが、観る者の心を掴むエンタメの実力は、「ネーミングセンス」にも如実に反映されているとTさんは語る。

「『それ、褒めていますか?』というギリギリラインのニックネームは韓国独特のセンス。“推し”を応援したいという国民のエネルギー、ファンを大切にし、面白おかしくてもそれも愛だと受け入れるスターたちの懐の深さ。その相互関係が、さらにエンタメ界を盛り上げていると思います。」

それでは、さっそく秀逸なネーミングセンスによってつけられたキャッチコピーを見ていこう。

【1】肩ギャング

「その広い肩で、ギャングのように女心を捕えてしまう」という意味の愛称がつけられたのは、『愛の不時着』の大ヒットにより、第三次ブーム到来中のヒョンビン(38)。劇中でも「太平洋のような肩」と言われるほどの広くがっしりした肩は、女性のハートを鷲掴みにした。『愛の不時着』では、女性を守る役柄であることから、筋トレをし「ヒョンビン史上1番筋肉をつけた」とのことだが、その基礎は、選手として活躍し、6歳から16歳まで10年間続けていた水泳なのだとか。世界中の女性たちの恋愛細胞を呼び起こした“罪な肩”は、次回作の映画『交渉』で、さらに成長したとの噂も。