田中将大「怖い思いを」帰国にあった家族へのコロナ差別被害

田中将大「怖い思いを」帰国にあった家族へのコロナ差別被害
拡大する(全1枚)

「田中投手が帰国したのは、もちろんヤンキースからFAになったことが大きいのですが、実は妻子のためでもあったのです。米国では長男がスクール(日本でいう幼稚園)で嫌な思いをしたそうなんです。“コロナ絡みで差別を受け、怖い思いをした”と。妻の里田まいさん(36)も不安を訴え、田中投手としても家族の安全を最優先し、日本に戻る決断をしたようです」(スポーツ紙記者)

3月26日にプロ野球が開幕。米大リーグから7年ぶりに日本球界に戻った楽天・田中将大投手(32)は本日行われた第2戦に登板予定だったが、ふくらはぎ付近に張りを訴え、回避することとなった。復帰登板が伸びた田中選手だが、その人気は健在だ。

「マー君人気は絶大です。日本に戻ってきた彼の登板を一目見たいがため、オープン戦の内野席が売り切れるだけでなく、ふだん発売しない外野席も長蛇の列ができるほどです」(前出・スポーツ紙記者)

日本のファンの絶大な声援を受け、仙台のマウンドに戻ってきた田中投手だが、背景には「家族を守りたい」思いがあったという。

「昨今、ヘイトクライムが大きな社会問題になっている米国ですが、昨春のコロナ禍以降、アジア系への差別が激増。“新型コロナウイルスは中国から広がった”とし、アジア系の人々がいじめや虐待を受ける事例が頻発したのです。ある調査では、米国に住むアジア系青少年のコロナ差別報告のうち、81.5%が“いじめや言葉による嫌がらせを受けた”と報告されています。特に子供たちは学校、公園で嫌がらせを受けたというデータがあります」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク