海老蔵 麻央さんと暮らした豪邸売却へ…すでに内装解体も開始

海老蔵 麻央さんと暮らした豪邸売却へ…すでに内装解体も開始
拡大する(全1枚)

かつて“ヨーロッパのかわいらしいお城風”とも評された、その一軒家は東京都内の一等地に立っている。淡いピンクの外壁は、亡き小林麻央さん(享年34)が気に入っていたという。

芸能関係者は言う。

「市川海老蔵さん(43)が麻央さんとの新婚生活に備えてこの物件を購入したのは’09年12月でした。地下1階地上2階建てで、延べ床面積は約230平方メートル。中古物件でしたが、海老蔵さんは2億円で購入したと報じられています。ちなみに1億8千万円ものローンが組まれていますが、まだ完済はされていません」

海老蔵と麻央さんがこの一軒家で生活したのは7年ほど。

「大きなバスルームがあり、2人で仲よく入浴しているという報道もありました。そんな仲むつまじさもあってか、’11年に長女・麗禾ちゃん(9)、’13年には長男・勸玄くん(8)が誕生しています」

美しい母と幼い子供たちの笑い声が聞こえてくる家だったが、幸せな思い出だけで満たされていたわけではない。

「’10年には海老蔵さんが半グレ集団に暴行を受けました。また’14年にはガレージに車が突っ込むという事故も起こりました。そうしたニュースが流れるたびに、自宅には報道陣が詰めかけ、いつしか近所の住民からも“観光名所”のように見られるようになったのです」

一家にもっとも打撃を与えたのは麻央さんの、がん発症だった。

「豪華ならせん階段もありましたが、闘病に適した家とはいえなかったようです。そこで海老蔵さん一家は’17年にバリアフリーのマンションに転居したのです。麻央さんも、がんが寛解したら“わが家”に戻ろうという思いもあったでしょう。しかし転居後数カ月で、麻央さんは帰らぬ人となってしまいました……」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「市川海老蔵」に関する記事

「市川海老蔵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「市川海老蔵」の記事

次に読みたい「市川海老蔵」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク