藤井フミヤ『ギザギザハート』解禁に絶縁恩師との和解【上半期ベストスクープ】

藤井フミヤ『ギザギザハート』解禁に絶縁恩師との和解【上半期ベストスクープ】
拡大する(全1枚)

繰り返される緊急事態宣言、コロナ禍終息の兆しが見えないなか開催に突き進む東京オリンピックなど、未だ混迷を極める2021年上半期。並行して芸能界でも数々の“事件”が――。本誌が目撃した“スクープ”から特に反響の大きかったものを今一度お届けしたい。

今年大ヒットしたAdoが歌う『うっせぇわ』。一部で歌詞がオマージュを捧げていると話題を呼んでいるのが、チェッカーズの往年の名曲『ギザギザハートの子守唄』だ。解散後、長らく披露される機会のなかった『ギザギザハート』だが、フミヤが今年ついに解禁。そこにあった“絶縁”した恩師との秘話とは――(以下、2021年4月13日号掲載記事)※年齢は掲載当時のママ

「自分で一生懸命作った曲だし、やはりフミヤ君がテレビで歌ってくれるとうれしいですよ」

こう穏やかに語るのは、作曲家で音楽プロデューサーの芹澤廣明さん(73)だ。3月27日に、特別番組『激レア! 藤井フミヤ ギザギザハートからTRUE LOVE!』(NHK BSプレミアム)が、放送された。

番組中で藤井フミヤ(58)はリードボーカルを務めていたチェッカーズ時代から現在までの代表曲を熱唱。なかでも、これまで29年間テレビ番組では歌うことがなかった“幻のデビュー曲”『ギザギザハートの子守唄』を披露することが、放送前から注目を集めていた。

’80年代を中心に、大ヒットを連発していたチェッカーズだが、惜しまれながらも’92年の『第43回NHK紅白歌合戦』を最後にメンバー間の“方向性の違い”で解散した。だがメンバー間の亀裂は音楽業界の多くの人間が知るところだったと音楽関係者は語る。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

藤井フミヤのプロフィールを見る
女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「藤井フミヤ」に関する記事

「藤井フミヤ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤井フミヤ」の記事

次に読みたい「藤井フミヤ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク