銀行の「値上がり手数料」リスト 三井住友ATMでは1回330円

夫の給料日にお金を引き出そうと思ったら、ATMの前は長蛇の列。「仕方なく空いている時間帯を見計らってお金をおろしたら、時間外手数料がかかってしまった」という声をよく聞く。

「銀行のATMからお金を引き出すときや、お金を振り込むときの手数料は、ちりも積もれば山となり、節約生活の大敵です! 急に現金が必要になって、近くのコンビニのATMでお金をおろそうとしたら220円もの手数料がかかったといったケースもあります。ご自身のメーンバンクの手数料と、連携しているコンビニATMの手数料をもう一度よく確認しましょう」

そうアドバイスするのは、ファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さん。

最近、これまでタダだった通帳の発行手数料が有料になったり、取引していない口座に管理手数料がかかったり、コストがかかる仕組みになった。

三井住友銀行では、紙の通帳を発行しようとすると、’21年4月1日以降に新規開設の口座から、年間550円(税込み、18歳未満と75歳以上は無料)がかかるようになり、みずほ銀行では1冊1,100円(税込み、70歳以上は無料)にも。それを知らないで発行してしまうと、思わぬ出費につながる。

そこにきて、大手銀行と連携しているコンビニATMで、手数料の値上げが相次いだ。

三井住友銀行では、イーネット、ローソン銀行、セブン銀行で平日8時45分~18時の間にお金を引き出そうとすると、1回につき220円かかる。それ以外の平日の時間帯は330円にもなる(ただし、所定の条件を満たすと月3回まで無料)。三菱UFJ銀行でも、ローソン銀行、セブン銀行のATMで平日8時45分~18時の間に引き出そうとすると1回220円、それ以外の平日の時間帯では330円。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「節約」に関する記事

「節約」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「節約」の記事

次に読みたい「節約」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク