皮膚がん招く「顔のシミ」紫外線予防に日傘だけ…は不十分!

皮膚がん招く「顔のシミ」紫外線予防に日傘だけ…は不十分!
拡大する(全1枚)

「日光浴をすると、体内でビタミンDが作られ、骨の健康を保つのに役立ちますが、日光に含まれる紫外線を浴びすぎてしまうと、身体に影響が出てくることがわかってきました。特に色白で紫外線に弱いタイプの人は皮膚のダメージが大きいので、これからの季節、注意が必要です」

そう注意を促すのは銀座スキンクリニックの坪内利江子院長。一度に大量の紫外線を浴びると、日焼けをしすぎて肌がヒリヒリするが、少しの量でも長年にわたって浴び続ければ「慢性障害」として影響が出てくるという。

しかも、日焼け止め(サンスクリーン剤)などでガードしないで、紫外線を少量でも浴び続けてしまうと、まれに皮膚がんに進行するので危険!

「皮膚にできるがんのすべてが紫外線によって起こるわけではありませんが、顔や手の甲など、紫外線を浴び続けると主に表皮のDNAを傷つけてしまい、日光角化症という前がん病変を引き起こすことがあります。60~70代から多くなる表面がカサカサして赤みを帯びたシミですが、普通のシミと違いがわかりにくいので放置してしまいがちです。放っておくと、一部が皮膚の深くまで入り込み、皮膚がんの一種『有棘細胞がん』になるケースもあります。また、基底細胞がんや悪性黒色腫の前がん病変である悪性黒子も日光に当たる顔に出ることが多いです。早期発見して、初期のうちに治療すれば治る可能性が高いので、中高年以降、気になるシミやほくろは、そのままにしないで定期的に皮膚科で診てもらうことをお勧めします」


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「健康」に関する記事

「健康」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「健康」の記事

次に読みたい「健康」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク