競泳会場は年6億の赤字製造機 五輪関係者のマヒした金銭感覚

記事まとめ

当初から3倍に膨れ上がった東京五輪開催予算。予算が増えて笑顔になったのは、選手でも国民でもなさそうだ。これらの費用は税金で賄われていることを忘れてはならないーー。

「東京オリ・パラを招致した段階では7,300億円だった大会予算はいまや1兆6,444億円に。東京都や国の負担分を合わせると関連経費は3兆円になります。さらにPCR検査など、コロナ対策による追加費用も発生しています」

そう話すのは、『オリンピック・マネー』(文春新書)の著者でジャーナリストの後藤逸郎氏。後藤氏は、東京五輪では明らかに無駄な費用が発生していると指摘する。

コロナに関する追加費用はわかるにしても、それ以前の大会費用はなぜ増えたのだろうか?

『ブラックボランティア』(角川新書)の著書があるノンフィクション作家の本間龍氏がこう語る。

「当初91億円だったオリ・パラ開閉会式の総予算は、’19年に130億円に増大。さらにコロナ禍の延期を受けて165億円に膨らみました。大会組織委員会には、どのような予算配分で、どう演出するのかをチェックする能力が欠如。開閉会式を取り仕切る電通にいわれるがまま、お金を出してきたのです」

そこで本誌では、今回の五輪での気になる「無駄遣い」の“お値段”を調査した。その費用は次のとおり。

【国立競技場】1,569億円

「国際陸上競技連盟は、公式大会を開催できる競技場の条件として、試合前に選手が準備運動や試走ができるサブトラックの併設をあげています。国立競技場のサブトラックは大会後に撤去予定。つまり、五輪後は、国立競技場で世界記録が出ても公式に認められないのです」(後藤氏)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク