芸能人炎上問題「許せる謝罪、許せない謝罪」の境界線は?
拡大する(全1枚)

東京五輪を中心に、謝る有名人がとにかく多かった今夏。そこで本誌は「有名人の謝罪」に関するアンケートを実施した。(8月17日~8月19日)。

まずは、「過去に行われた有名人の謝罪で、今も納得できないのは?」という質問。

やはり数多くのコメントが寄せられたのは、女優・唐田えりか(23)との不倫が発覚した東出昌大(33)。謝罪会見で「答えられない」と何度も回答したことが悪影響したのか、読者からは「何のために記者会見を開いたのか未だに疑問」という声が寄せられた。

謝罪会見で復帰が遠のいた例としてはアンジャッシュ渡部建(48)も外せないところ。報道が出てから約半年もの間、雲隠れをした上での緊急謝罪だった。読者からは「車椅子の親を公衆トイレに連れて行く度に思い出し、不愉快」「ほとぼりが冷めてくるのを待ってテレビに復帰なんて、絶対に許せません」という厳しい声が寄せられた。たびたびテレビでの復帰計画が報道される渡部だが、その道のりはまだまだ険しそうだ。

近年の加熱する不倫報道の原点ともいえる“ゲス不倫”ベッキー(37)。今年に入って第二子を出産、事務所を円満退社したことも報じられたが、読者からは「結局記者の質問に答えずに時間が解決したような形で徐々に出てきたから」と厳しい意見も。芸能人の信用が回復するには相当の時間が必要なようだ。

少し懐かしい? 話題としては、’12年に発覚したペニーオークションに関するステマ問題での謝罪について触れた方もいた。