実況中継! 蛭子さんがしぶしぶ「最後の絵画」を描き始めた!

実況中継! 蛭子さんがしぶしぶ「最後の絵画」を描き始めた!
拡大する(全1枚)

「金と自由は欲しいけど、何もしたくないーー」を貫いてきたタレントで漫画家の蛭子能収さん(74)。2020年夏に認知症を公表した後も、その“人生哲学”はまったく変わらない。絵を描くよりもテレビの仕事のほうが楽だしギャラもいいと言い続ける蛭子さんに突如湧いた「絵画展プロジェクト」。果たしてプロジェクトは成功するのだろうか……。(第3回/全10回)

絵画展プロジェクトを成し遂げるための重要なカギを握っている“特殊漫画家”根本敬さんと蛭子さんの久しぶりの対面。だが、40年来の友人である根本さんのことを、蛭子さんはすっかり忘れていた。

戸惑いながらも根本さんは、

「漫画雑誌『ガロ』で80年代に一緒に描いていた根本だよ」

と、自身の代表キャラで、気弱な丸めがねの中年男性「村田藤吉」の絵を描いて蛭子さんにみせた。

しかし蛭子さんは「すみません、ちょっと忘れてしまいまして……」とポリポリと頭をかく。

動揺をかくせない根本さんは、

「ほら昔さ、みうらじゅんさん、平口広美さん、スージー甘金さん、杉作J太郎さん、霜田恵美子さん、山崎春美さんとか、みんな仲間で。一緒にソフトボールやったり、温泉に行ったりしたでしょ」

と、蛭子さんになんとか思い出させようと、根本さんは昔話を次々と繰り出す。

「あーなんか……ありましたね」

根本さんと話をしていくことで、蛭子さんの頭がクリアになっていく。

「でも、本当に根本さん?」
「そうだよ、オレだよ、オレ!」
「あ~声がそうですね。声をきけば根本さんですね」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

蛭子能収のプロフィールを見る
女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「蛭子能収」に関する記事

「蛭子能収」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「蛭子能収」の記事

次に読みたい「蛭子能収」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク