スキャンダルイケメンの待望度2位は伊藤健太郎…1位は!?
拡大する(全1枚)

2021年も数多くの芸能人がスキャンダルを起こした。スキャンダルを起こすと芸能活動を休止するのが通例ではあるが、その期間はさまざま。事件の内容以上に、芸能人のそれまでのイメージや、謝罪会見などの対応が問われると言われる。

’19年に不倫騒動を起こした原田龍二(51)は、騒動の直後から不倫をネタにバラエティ出演が急増。今年は妻の原田愛(48)が不倫をネタにした著書を発売したばかりか、結婚式と称したPRイベントまで行い、異例のツワモノぶりを見せている。

復帰時期を判断する明確な基準はないのが実情だが、あえていうなら、その芸能人を見たいと思うファンが存在するのか、世間が許したのか、が問われるのだろう。

そこで、本誌はこの度、「過去にスキャンダルを起こしたが、精力的な芸能活動をまた見たいイケメン芸能人」に関するアンケートを実施(11月18日~21日)。集まった読者の意見をランキング形式でお伝えする。

第5位にランクインしたのは伊勢谷友介(45)。2020年9月8日に大麻取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。現在の活動はファン向け会員制サイトの運営やS N Sくらいだが、FRIDAYで“夜遊び”が報じられるなど血気盛んな様子でもある。読者からは「演技力がありこれからの活動がとても楽しみだと思える」「見ていて絵になるし、多方面に活躍できる秀才」とのコメントが寄せられた。

第4位は小出恵介(37)。2017年6月に未成年女性との飲酒が報じられ無期限の活動休止に。昨年からは新たな事務所で活動を再開し、今年11月には舞台『群盗』の制作発表会で久々にマスコミの前に姿を表した。読者からは「テレビで見たい、可哀想なので頑張って欲しい」というコメントが寄せられた。