明石家さんまと大竹しのぶのベッドシーンが象徴!自由恋愛促した『男女7人夏物語』
拡大する(全1枚)

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に夢中になったドラマの話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’80年代”を振り返ってみましょう――。

「『男女7人夏物語』(’86年・TBS系)は、日本の若い世代に自由恋愛を促した最初のドラマともいわれ、大学の社会学の講義でよく取り上げられます」

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。物語の冒頭で、主人公の明石家さんまと、相手役の大竹しのぶが、一緒のベッドで寝ているシーンが象徴的だという。

さんまさんが起きたとき“これ誰だ?” “したのか、しなかったのか?”という不安から、慌てて友達に電話をかけるのですが、それまでの日本の男女関係の常識では、恋愛・結婚・出産(セックス)が三位一体とされていました。“結婚を約束していない男女が、ホテルに行くなどけがらわしい”という描き方をされていた昭和のホームドラマの常識を、冒頭のシーンで堂々と覆したのです」

ドラマには都会の流行が随所に織り込まれ、のちのトレンディドラマの礎ともなったという。

「さんまさんは人気職業だったツアーコンダクター、賀来千香子さんはコンパニオン経験アリという設定でした。そして奥田瑛二さんや片岡鶴太郎さんなど、友人と集まるのはおしゃれなカフェバー。ホームパーティで鶴太郎さんが料理を振る舞うシーンなども、料理をする男子が少なかった時代だったため、新鮮に映りました」