初代相棒・亀山薫が行った国は?『相棒』ファン腕試しクイズ
拡大する(全1枚)

ドラマ『相棒』シーズン14から登場し、右京(水谷豊)のよき相棒として活躍した冠城亘(反町隆史)が、ついにシーズン20をもって卒業!

そこで次の相棒が発表になる前に、今までのシーズンのなかから少々マニアックなネタを、『相棒』ウオッチャーのペリー荻野さんが厳選。題して、「さらば冠城亘!『相棒』マニアック3択クイズ」ーー。

【Q1】相棒シーズン1~20中、このなかでもっとも出演回数の多い俳優は誰?

A:菅原大吉 B:前沢保美 C:笹野高史

長寿ドラマだけに、同じ俳優が別の役で何度も登場。現在放送中のシーズン20で作家役を熱演した菅原大吉は6回目の出演(うち2回は同役)。名バイプレーヤーと知られる笹野高史は3回。断トツは舞台女優の前沢保美で8回出演(うち2回は同役)している。正解はB。

【Q2】「花の里」にも「こてまり」にも置かれている日本酒のミニ菰樽(こもだる)の銘柄は?

A:黄桜 B:松竹梅 C:越乃寒梅

右京さんの行きつけ、小料理屋「花の里」は、元妻の宮部たまき(益戸育江)、月本幸子(鈴木杏樹)が女将を務め、’19年春に閉店。’20年秋から小出茉梨(森口瑤子)の「こてまり」が登場。ミニ菰樽の銘柄はスポンサーの黄桜。正解はA。

【Q3】初代相棒・亀山薫(寺脇康文)は、退職して奉仕活動をするために海外に旅立った。その国とは?

A:サルウィン B:エルドビア C:ルベルタ

フライトジャケットがトレードマークの初代相棒。サルウィンで国際奉仕活動をしていた友人が現地で死亡。その友人の遺志を継ぐため、右京さんに別れを告げ、シーズン7の途中、妻の美和子(鈴木砂羽)とともに現地に渡り、いまも奉仕活動を続ける。正解はA。