菅田将暉“演技が雑”と叱咤も…実力派俳優に覚醒させた亡き恩人監督との出会い
拡大する(全1枚)

「現在、菅田さんは俳優活動を休業中ですが、自宅で訃報を聞いた際はとてもショックを受けたそうです」(事務所関係者)

先日、最終回を迎えた主演ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)や大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)の源義経役での演技が高い評価を受けている菅田将暉(29)。

そんな菅田だが3月24日に新型コロナウイルス感染を発表。自宅で療養するなか、その翌日に衝撃的な報せがーー。

菅田が主演した’13年公開の映画『共喰い』で監督を務めた青山真治さんが3月21日に57歳の若さで亡くなったことが発表されたのだ。

「昨年春から食道がんの治療を始め、近々、新作映画の撮影も予定していましたが、今年に入って体調が悪化し、入院。最後は眠るように息を引き取ったそうです。

映画監督だけでなく小説家としても活躍。’01年公開の監督作『EUREKA』はカンヌ国際映画祭で高く評価されました。浅野忠信さんや三浦春馬さんなど名だたる俳優にも慕われ、まさに日本を代表する名監督でした」(映画関係者)

妻で女優のとよた真帆(54)は、自身の公式サイトで「結婚して20年、優しくて勉強家だった夫にもらった時間、愛情に深く深く感謝しています」とコメントを発表。

『共喰い』に刑事役として出演し、青山さんとプライベートでも交流を重ねた俳優の淵上泰史(37)もこう偲ぶ。

「青山監督とまた一緒にお酒を飲みたかったですし、何よりまた一緒に仕事がしたかったです。浅野忠信さんをはじめ、青山組常連の役者はみんな同じ気持ちではないでしょうか。