《映画「SPELL~呪われたら、終わり~」に出演が決まりました》

5月21日、「アメーバブログ」にこう綴ったのは元フリーアナウンサーの小林麻耶(42)。4月30日を最後に「note」へと発信の場を移行させてから、久しぶりのブログ更新となった。

麻耶にとって映画出演は、’08年6月に公開された『花より男子F』に本人役で出演して以来。

「WEBザテレビジョン」の記事によると、映画『SPELL~呪われたら、終わり~』は寺西優真(28)と大村崑(90)がW主演するホラーサスペンス。麻耶が演じるのは、寺西と大村が扮する霊能者一家・馬飼野家に悪霊退治を相談する女性・水谷良美役という重要な役どころ。本作は’23年に公開予定だという。

そんなビッグニュースに加え、麻耶は続くブログで次のように改名したことを発表。

《本日より、國光真耶(くにみつ まや)として芸能活動をする運びとなりましたことをご報告させていただきます 再婚は、まだです》

《2023年劇場公開予定の ホラー映画 「SPELL~呪われたら、終わり~」に出演が決まり 本格的な銀幕デビューとなります》

新たな芸名は「國光真耶」。夫である國光吟氏(38)の姓を名乗って、芸能活動を行うというのだ。國光氏と麻耶は昨年4月に離婚していたことを明かしており、今年3月に再婚することをブログで報告していた。

そんな國光氏も、麻耶と同じタイミングでブログを更新。《なんと小林麻耶が國光真耶に芸名を改名したよ 映画を出るのを機に愛の芸名をつけたよ 旧姓が大事だとお伝えしたけど、僕の苗字だから特別だよ》と、エールを送っている。