市川染五郎 有名私立一貫校を中退していた!多忙が続き留年濃厚で“芸事専念”を決意
拡大する(全1枚)
(写真:産経新聞フォト)

爽やかな初夏の陽気に包まれた5月中旬の平日。都内にある歌舞伎の稽古場前に停車した車から現れたのは市川染五郎(17)。マスクをしていてもはっきりわかる切れ長な目と端正な顔立ちに、通りかかった人も思わず視線を向ける。

落ち着いた足取りで稽古場へ向かう染五郎だが、その姿には“退路を断った”潔さがあった――。

「お客さんを集められるのか不安はありますが、主役であろうが、脇役であろうが、心意気は変わらない」

19日に行われた、自身が主演を務める「六月大歌舞伎」の第二部『信康』の取材会でこう意気込んだ染五郎。

このところ、染五郎の快進撃が続いている。

「祖父の松本白鸚さん(79)と共演するということもあり、チケットの売れ行きは上々です。10代で歌舞伎座の主演を務めるのは極めて異例のこと。当時新之助だった市川海老蔵さん(44)以来26年ぶりですから、歌舞伎界が“次のスター”として大きな期待を寄せていることがうかがえます」(演劇関係者)

染五郎フィーバーは梨園の外でも!

「出演回は5週のみながら、NHK大河『鎌倉殿の13人』での源義高役での繊細な演技は大きな話題に。5月1日放送回で悲劇的な最期を迎えると、ネットでは“義高ロス”を訴える人が続出するほどでした。脚本家の三谷幸喜さんも染五郎さんを高く評価しており、出演オファーを検討しているテレビ局や映画会社も多数あるそうです」(テレビ局関係者)

着実にスターへの階段を上る染五郎。しかし、その裏ではプライベートで“悲壮な決断”をしていたという。ある歌舞伎関係者が明かす。