蛙亭イワクラは貢ぎ告白、オズワルド伊藤はヒモ気質…熱愛報道の2人の対照的な恋愛スタンス
拡大する(全1枚)

7月5日、オズワルドの伊藤俊介(32)と蛙亭イワクラ(32)の熱愛が「Smart FLASH」によって報じられた。

報道によると、2人は6月の猛暑日の夜、代々木八幡の居酒屋で2時間ほど食事をしたのち、約30分の”お散歩デート”を楽しみながらイワクラの家に帰宅。その間、手を繋いだり、顔や体を寄せ合ったりと終始ラブラブな様子だったという。

そんな2人は昨年まで芸人仲間でルームシェアをしていた仲として知られている。

「2人は’21年1月まで”男3人女1人”の芸人仲間と一緒に暮らしていました。同世代の売れっ子芸人同士、イワクラさんが落ち込んで泣いたときは伊藤さんが慰めていたそうです」(芸能誌記者)

今回熱愛が報じられた2人だが、恋愛に対するスタンスは対照的なようだ。

蛙亭イワクラは、「付き合った男性に貢いでしまう」性格だという。

「昨年10月放送の『「踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、過去に付き合った男性に対してすごく貢いでいたことを告白。当時、長渕剛(65)の大ファンだった彼氏には誕生日など特別な機会に限らず、普通の日でもCDやグッズをプレゼントしていたそうです」(前出・芸能誌記者)

『さんま御殿』で、芸人としての稼ぎが少ないときは「誰にも貢ぐお金がなかったのでセーブできてた」というイワクラだったが、最近売れ始めてきたことで「お金もらい始めたことで、これ誰に使おうかなって」とも話していた。

いっぽう、オズワルドの伊藤はというと……。