’24年になってからはや半分が過ぎようとしている。振り返ると元日に報じられた亀梨和也(38)と田中みな実(37)カップルを筆頭に、今年の前半も芸能界では様々な熱愛が伝えられてきた。

中島健人(30)と鷲尾玲奈(30)、菊池風磨(29)と白石麻衣(31)、ヒカル(33)と内田理央(32)、杉咲花(26)と若葉竜也(35)といった両者ともに著名人というケースもあり、世間を賑わせることに。

著名人の熱愛に対して「ショック!」という声も聞こえてくるいっぽうで、エールを送る人たちもいる。そこで本誌は「‘24年前期、応援したいと感じた熱愛報道」について、20代~60代の男女500人を対象にセルフアンケートツール「QiQUMO」を利用してアンケートを実施した。どのカップルが、最も多くのエールを受けているだろうか?

まず第3位は歌舞伎俳優の中村七之助(41)と京都のナンバーワン芸妓カップルだ。2人の熱愛が報じられたのは6月6日のこと。「NEWSポストセブン」によると数年前、七之助がA子さんに一目惚れしたことで2人は交際関係に発展したという。

直撃に対して七之助は交際を認めて「芸達者ですし、真面目なかたです」とお相手に惹かれた理由を説明していた。

‘99年の『元禄繚乱』、’19年の『いだてん~東京オリムピック噺~』、’23年の『どうする家康』といったNHKの大河ドラマに出演するなど、歌舞伎以外の分野でもファンがいる七之助。今回のアンケートでは《まえから応援しているから》《中村七之助が好きだから》という声がファンから寄せられた。

なかには、これまで様々な女性との熱愛が伝えられてきた七之助だけに《早く、身を固めてもらいたいと願っていた》という声も。お相手がナンバーワン芸妓ということで、《お似合いだから》と喜ぶ声も上がった。

’21年12月、当時の恋人と破局した際、本誌の直撃に対して「最近は本当に僕自身も、もう結婚する気がなくなってきてしまっていて。

こればっかりは正直な今の気持ちですから。しょうがないですね」と話していた七之助。非婚宣言を撤回して、ゴールインする日も近い?

続いて第2位はタレントの佐藤栞里(33)と俳優の坂東龍汰(27)カップルだった。「文春オンライン」が2月14日に報じたところによると坂東は主演舞台の稽古の後、佐藤の住むマンションへ。他にも複数回、合鍵を使ってマンション裏口から出入りしている姿が確認されたという。ただし、双方の事務所は交際を否定している。

『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』や『ヒルナンデス!』(共に日本テレビ系)、『王様のブランチ』(TBS系)といった人気番組にレギュラー出演し、好感度抜群な佐藤。今回のアンケートでは佐藤の幸せを願う人たちから、《ショックだったが、佐藤さんは好感度が高く素直だから》《佐藤栞里さんには幸せになってほしいから》《栞里ちゃんが好きで微笑ましいから》という声が寄せられた。

また来年公開予定の『君の忘れ方』が初単独主演映画となる坂東も、気鋭の俳優として人気が高い。そのため《どちらも好きな二人だから》と双方のファンから応援の声が上がった。2人の今後に注目が集まりそうだ。

そして栄えある第1位は、亀梨和也と田中みな実カップルだった。

「スポーツ報知」によると、2人は昨年秋に美容雑誌での対談をきっかけに交際に発展したという。双方の事務所が「お仕事をご一緒して以来、仲良くさせていただいています」と交際を認めて話題を呼ぶなか、今年4月期のドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)で共演し、放送中も注目を集めていた。

今回のアンケートでは《お似合いだから》《二人とも同年代で美意識が高そうなのでお似合いだと思う》《すてきなカップルでとてもお似合いなので、長続きしてもらいたい。結婚までゴールしてほしい》といった「ピッタリ!」と讃える声が続々と寄せられることに。また《ドラマで共演したし、そろそろゴールインしてもいい年頃の組み合わせだから》《いい歳だから》《良い大人同士どんな未来があるのか気になるから》とアラフォー同士の熱愛に熱視線が注がれている様子が窺えた。

なかには《彼らはしっかりしているから、何も気にする必要はない》と太鼓判を押す声も。

2人の恋の行方は、多くの人に見守られているようだ。