3カ月に1度は薬局へ…自分でできる“血液検査”のすすめ

3カ月に1度は薬局へ…自分でできる“血液検査”のすすめ



「日本の糖尿病人口は、この50年間で約40倍に増加。その予備軍を合わせると2,200万人を超え、もはや“国民病”といえるほどです。糖尿病は自覚症状がないまま進行するため、予兆がありません。唯一の指標は、血糖値の数値だけです」



こう語るのは、筑波大学内分泌代謝・糖尿病内科の矢作直也准教授。長年、糖尿病の研究をしている矢作先生は、薬局などで簡単に血糖値を測定できる「ゆびさきセルフ測定室」を展開している。



「血液中のブドウ糖の濃度を示す血糖値を測ることが、糖尿病予防の第一歩。しかし、気がかりなのは女性の健康診断の受診率の低さです。大企業に勤めている女性の受診率は高いのですが、主婦やパート、中小企業に勤めている女性だと極端に低下。血糖値を測定する習慣がない……。そこで、薬局で微量の血液をとるだけで、気軽に血糖値が測れるシステムを作ったのです」



'14年に運営を開始した「ゆびさきセルフ測定室」は現在、全国1,500カ所にまで増加。今後も広がりつつあるという。矢作先生が、血糖値を測ることの重要性を解説する。



「糖尿病が進むと、合併症を起こし、失明したり、人工透析が必要になったり、足を切断したりすることも。また、糖尿病になると動脈硬化が進行し、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症など命に関わる病気や、認知症になるリスクも上がります。つまり、重篤な病気の根本的な原因になるのが、血糖値の高さなのです」


あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月28日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。