17世紀のイギリスで軽犯罪を犯した者に行われていた「指ロック」の刑とは?

17世紀のイギリスで軽犯罪を犯した者に行われていた「指ロック」の刑とは?


 罪を犯した者への刑罰は古くから存在するが、主に17世紀のイギリスの教会で行われていた指ロックの刑が話題になっている。

 これは文字通り指を固定するもので、フィンガー・ピロリィという専用の器具まで作られていた。

 当時この刑に処されたのは重罪人ではないものの、教会で説教を聞かなかったり、クリスマスの祝祭で大騒ぎするような人たちだった。
[動画を見る]3 Finger Pillory

【据え付けの台で指をロックする刑】

 ピロリィ(pillory)とは、かつて欧米で使われていた刑罰用具の一種で、罪人もしくは罪を犯したと疑われている人の手や首を固定してさらす台を意味する。

 つまり「フィンガー・ピロリィ」とは、指をロックする台のこと。

[画像を見る]

 この台は指の関節を曲げたまま固定するもので、17世紀頃の教会などに設置され、説教に耳を傾けないなどの無礼な者への罰に使われた。

 以下は、イギリスのセントへレンズ教会に現存するフィンガー・ピロリィだ。この教会では観光客が指ロックの刑を体験できるらしい。

[画像を見る]

指ロックの刑に使用された器具の蓋を開けると、そこにはいくつか穴が並んでいるのがわかる。

[画像を見る]

この奥のL字型の空洞に指を曲げて入れる。
そして蓋を閉められると刑の執行が開始される。

[画像を見る]

【教会の祝祭を妨害する人への罰】

 17世紀のイギリスの博物学者ロバート・プロット(1640-1696)によると、こうした刑は教会のクリスマスの祝祭で騒ぐ人を懲らしめるためにできたという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月23日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。