人体の不思議。失っても生きていける7つの臓器

人体の不思議。失っても生きていける7つの臓器

Image by Mohammed Haneefa Nizamudeen/iStock
 人体はわりと柔軟にできている。500mlほど献血しただけで、3.5兆個もの赤血球を失ってしまうが、それでもすぐに回復する。

 それどころかもっと重要な器官の大半を失ってもなお生きている人もいる。たとえば、脳を半分失っても普通に生活できたりするのだ。

 以下では、丸ごとなくなってもわりと普通に生きていられる7つの臓器を見てみよう。
【7. 脾臓】

[画像を見る]

 お腹の左側、肋骨の下あたりにある臓器。肋骨のすぐ近くにあるために、お腹を怪我するとその影響を受けやすい。脾臓が摘出される理由もこれが一番だ。

 それを包むティッシュのようなカプセルは簡単に破れてしまうため、脾臓が損傷すると出血を止めることはない。放置しておけば死にいたる。

 脾臓を覗き込めば、暗赤色の部分と白い部分の2色が見えるだろう。

 それぞれの色は機能と関係しており、赤い部分は赤血球を溜めてはリサイクル、白い部分は白血球と血小板を処理している。

 脾臓がなくても生きていくことはできる。が、脾臓の機能が失われて感染症への免疫力が低下するため、肺炎球菌のワクチンの接種など予防につとめる必要がある。

【6. 胃】

[画像を見る]
Image by decade3d/iStock
 胃には収縮して食べ物を潰すことによる機械的消化、胃酸による化学的消化、吸収、分泌という4つの機能がある。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年10月3日のびっくり記事
「人体の不思議。失っても生きていける7つの臓器」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    世界の多くの国で子供が誘拐されるのは犯罪者が子供の臓器を抜いて売るため。子供はもちろん死ぬ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。