ワームホールを利用して雨を降らせる装置を開発したと主張する発明家、農民たちを騙していると物議をかもす

【具体的な方法は不明なまま】

 確かにちょっとSFめいた魅力的な説ではある。マイルズは、バタフライ効果(わずかな変化がその後の状態を大きく変えてしまう現象)といった概念を引き合いに出しているが、この降雨契約のために何万ドルも払うことになる農民たちの土地に、実際にどうやって雨を降らせるのかという具体的なことについては一切触れられていない。

 マイルズ曰く、あまり多くを披露しすぎると、自分のアイデアを盗まれたり、武器として悪用されたりするため、わざと多くを語らず、謎のままにしているのだとのこと。

[動画を見る]
How does Weather Moderation work?

【消費者委員会から警告】

 オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は、マイルズの研究は農民たちの悩みにつけこんだものとして非難し、人々に彼と契約をしないよう警告した。

 それに対してマイルズは、ACCCは彼とその会社を中傷しようとしているだけで、実際には自分たちは成功しているし、もし雨が降らなければ、報酬は受け取らないと主張した。

ヴィクトリア州ウィマー地域の麦畑農家グループは、6月末までに100ミリの雨が降るという条件で、5万オーストラリアドルを支払う契約にサインした。もし、降雨量が50ミリなら、その金額は2万5000ドルになり、契約降雨量の半分以下の雨しか降らなかったら、報酬はもらわない

 雨を降らせるという彼の提案を受け入れたウィマーの一部の農民たちについて、マイルズはそう語った。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ワームホールを利用して雨を降らせる装置を開発したと主張する発明家、農民たちを騙していると物議をかもす」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    騙される方が阿呆。安倍晋三は民主党の時より景気が良くなった、と言っているが、計算方法を変えたインチキだった。それでも馬鹿は安倍にしがみついていく。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月17日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。