トランプ大統領が動物虐待を連邦犯罪とする法案に署名(アメリカ)

トランプ大統領が動物虐待を連邦犯罪とする法案に署名(アメリカ)

Image by ErimacGroup/iStock
 アメリカのトランプ大統領が今月25日午後、動物虐待・拷問防止法案(Preventing Animal Cruel and Torture Act / PACT法)に署名した。

 この法案は、今年3月に米連邦議会に提出されていたもので、法案が通れば動物虐待がアメリカ史上初の全米に及ぶ連邦犯罪になるとして注目を集めていた。

 10月22日、法案は米連邦議会下院を通過し、11月5日に上院でも全会一致で可決された。残るは大統領の署名のみだったが、ついにその署名が行われたのだ。

 この連邦法により、国家レベルで動物の虐待や拷問は重罪となり、違反した場合、最長7年の懲役と罰金が科されることとなる。
[動画を見る]
President Trump Participates in a Signing Ceremony for the Preventing Animal Cruelty and Torture Act

【動物虐待を重罪にする法案に大統領が署名】

 アメリカのトランプ大統領が今月25日午後、動物虐待および拷問防止法( PACT法)に署名した。これにより動物への虐待は連邦法における重罪となった。
 
 超党派法案の「動物虐待と拷問防止(PACT)法案」は、民主党のテッド・ドイチュ下院議員と共和党のバーン・ブキャナン下院議員が今年1月に提出したもので、動物虐待という特定の行為を重大な犯罪にするものだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「トランプ大統領が動物虐待を連邦犯罪とする法案に署名(アメリカ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本もならえ

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。