謎めいた巨大なフードにロングケープ。1930年代まで着用されていたアゾレス諸島の女性用伝統衣装「アゾレアンフード」

謎めいた巨大なフードにロングケープ。1930年代まで着用されていたアゾレス諸島の女性用伝統衣装「アゾレアンフード」


 極端に大きなフードにロングケープが目を惹くミステリアスなファッション。これはかつてアゾレス諸島に暮らす女性が着用していたものだ。

 アゾレアンフードとも呼ばれたこの風変わりな外套は、母から娘に受け継がれる藍染めの伝統衣装で、1930年代まで着用されていた。

 アメリカの小説家、マーク・トウェインも目を留めた青色の神秘的なシルエット。アゾレス諸島の女性たちが実際に着用している姿を見ていくことにしよう。

【アゾレス諸島の女性の伝統衣装】

 アゾレアンフード(ポルトガル語では「capote e capelo(カポテ・エ・カペロ)」)は、ポルトガルのアゾレス諸島の女性が1930年代まで着用していた伝統衣装だ。

 この衣装の主な特徴は、頭をすっぽり覆う大きなフードだ。

[画像を見る]

[画像を見る]

 その詳しい起源は未だ謎に包まれているが、オランダ、ベルギー、フランスにまたがるフランダース(フランドル)地方が発祥という人もいれば、17~18世紀にかけてポルトガルで流行したマントとフードから派生したという人もいる。

 このように諸説あるものの、とにかくこれらの衣装は大西洋に浮かぶ9つの島から成るアゾレス諸島の女性に長らく親しまれてきた。

[画像を見る]

【クジラのヒゲで支えられた巨大なフード】

 この外套は1枚ではなく、フード部分とケープ(袖のないマント)の組み合わせになっていた。 またそのデザインや被りかたは島によって微妙に異なっていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク