地球に飛来する危険な小惑星のコースを変更させる最良の方法とは?(米研究)

【地球近傍惑星「アポフィス」と「ベンヌ」のシミュレーション】

 シミュレーションの対象となったのは、地球近傍小惑星の「アポフィス」と「ベンヌ」だ。これらはもっともよく知られた地球近傍小惑星であると同時に、地球に衝突する可能性がもっとも高いものの1つだ。

 アポフィスは2068年に15万分の1の確率で、ベンヌは2175~2199年に2700分の1の確率で、地球に衝突すると考えられている。

 シミュレーションによれば、アポフィスが重力キーホールに到達するまでまだ5年あるなら、まず偵察機を派遣してからキネティック・インパクターを送れば、安全にその軌道をズラすことができるはずだという。

 しかし、もし1年を切ってしまっていたなら、すでに手遅れである可能性もあるようだ。

 ベンヌもかなり似たような結果だったが、こちらの構成はアポフィスよりは詳しく分かっている。したがって、偵察機を派遣するよりは、いきなりインパクターを突っ込ませた方が有効と考えられるとのことだ。

 なお、打ち上げるロケットについては、大きなものを用意する余裕がないのならば、複数のロケットを衝突させるやり方もあるようだ。あるいは地球からではなく月から発射したり、使われなくなった人工衛星をぶつけてやる方法も考えられるそうだ。

 この研究は『Acta Astronautica』に掲載された。

References:How to deflect an asteroid | MIT News/ written by hiroching / edited by parumo

記事全文はこちら:地球に飛来する危険な小惑星のコースを変更させる最良の方法とは?(米研究) http://karapaia.com/archives/52288470.html

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。