水平線を七色に彩る美しい虹。こんなときだからこそ、心に潤いを(アメリカ)

水平線を七色に彩る美しい虹。こんなときだからこそ、心に潤いを(アメリカ)

Cessna Kutz/Facebook
 自然は脅威であるとともに、驚異でもある。アメリカ、ワシントン州サマミッシュ湖を水平に彩る虹も、そんな自然の驚異の1つだ。

 湖畔に並び立つ家々や木々が虹色のヴェールに包まれ、おとぎの国のような幻想的な風景が広がっている。

 撮影したのはアマチュア写真家のセスナ・カッツさん。午後2時頃に家の窓の外に現れ、5分ほどその姿を見せてくれたという。

【空を七色に染め上げた美しい虹】

 写真は若干コントラストをいじった程度のもので、ほとんど加工されていないそうだ。この世のものとは思えぬ光景が、束の間だけ、本当にこの世に存在していたのだ。

 「先の見えない状況でも怯えてパニックを起こすのではなく、希望や愛を捨てないようにと告げているような気がします。みんなも気をつけて」と、カッツさんはフェイブックに投稿している。

[動画を見る]

【環水平アーク:大気を漂う氷のプリズムが魅せる光のショー】

はっきりしたことは分からないが、写真の虹は「環水平アーク」という光学現象かもしれないそうだ。

 この現象は、太陽の光が大気に漂う氷の結晶で反射して作られる氷のハローで、厳密には虹とは違うものだ。

 日光が巻雲(対流圏上部を漂う氷の結晶)を通過するとき、その角度がちょうどいい具合だと、氷がプリズムのような役割を果たし、虹色に光を反射する。これが水平にかかった虹のような縞模様となって現れる。

 太陽の高度が58度以上のときにしか形成されないので、観察できるのは、山岳地域を除けば、通常は北緯・南緯55度以上の地域だ(したがって日本国内では普通見られない)。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。