今年最大級の天体ショーと期待されたアトラス彗星、はかなく宇宙に砕け散る

今年最大級の天体ショーと期待されたアトラス彗星、はかなく宇宙に砕け散る


 暗いご時世をせめて夜空だけでも明るく照らしてくれるだろうと期待された「アトラス彗星(ATLAS彗星:C/2019 Y4)」だが、そんな願いも虚しく宇宙に散ってしまったようだ。

 3月の記事で、5月末には月よりも明るく輝く可能性があるとお伝えしたのだが、ATLAS彗星は近日点に届くどころか、地球の軌道の内側に入り込むことすらなく、核が完全に砕けてしまったとのことだ。

 最新の画像は、ハッブル宇宙望遠鏡によって4月20日と23日に撮影されたもの。パッと見は4、5個に見えるが、実際は30個ほどの断片に砕け、そのまま太陽へと向かっているそうだ。
【太陽に近づき核が崩壊、肉眼では見えない明るさに】

 昨年12月に発見されたアトラス彗星は、5月末には満月に匹敵するほど明るくなり、今年最高の天体ショーになるだろうと期待されていたのだが、それはもう叶わない。

[動画を見る]

 太陽に近づく彗星核が砕けることはそれほど珍しくはなく、たとえば2013年に飛来した史上最大級に明るいと話題になった「アイソン彗星」も結局は蒸発してしまった。

 それでも、天文学者はまだアトラス彗星に注目している。というのも、砕けるプロセスが今回ほどはっきりと観測されることは滅多にないからだ。

 砕ける前の彗星は200メートルほどの大きさだったと推定されているが、破片となった今、それぞれは家ほどの大きさで、地球から1億4500万年キロ先を移動している。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。