乳幼児時代の気質は20年後の人格形成に影響を与えていることが判明(米研究)

乳幼児時代の気質は20年後の人格形成に影響を与えていることが判明(米研究)

乳児時代の気質は人格形成に大きな影響 / Pixabay
 個人の人格(性格・気質)はどのように形成されていくのか?遺伝なのか?環境なのか?かねてから様々な研究が行われており、そのどちらも影響を及ぼしている可能性が示唆されている。

 今回、アメリカで発表された研究は、生まれてまだまもない乳幼児時代の気質が、その人の一生の気質にどう影響するかを調べたものだ。

 その結果、乳幼児期、内気で内向的な気質を持つ人は大人になっても変わらず、成人になってからの人格形成に影響を及ぼしていることがわかったという。
【乳児期の気質が成人後の人格形成に影響を与えている】

 メリーランド大学カレッジパーク校、アメリカ・カトリック大学、アメリカ国立精神衛生研究所(NIMH)は共同で、乳幼児時代の気質が成人後の性格や気質にどのような影響を与えるのかを断続的に調査した。

 その結果、乳幼児期の行動抑制(BI)気質が、26歳になったときの内省的、内向的な気質に関係していることがわかった。

 この調査結果は、ミスをすることに異様に敏感になる思春期の子どもは、成人になってから不安症やうつなどの内在化障害を引き起こすリスクが高いことを示す。

 この研究は、米国科学アカデミー紀要に発表され、幼児期の気質が成人になったときの性格を決める確たる証拠を示した。

NIMH ≫ Infant Temperament Predicts Personality More Than 20 Years Later
https://www.nimh.nih.gov/news/science-news/2020/infant-temperament-predicts-personality-more-than-20-years-later.shtml

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月8日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。