ペンギンのフンから発生する笑気ガスを吸って研究者がイカれてしまうという事案が発生(サウスジョージア島)

ペンギンのフンから発生する笑気ガスを吸って研究者がイカれてしまうという事案が発生(サウスジョージア島)

ペンギンのフンから笑気ガス marktucan/iStock
 世界の最果ての生態系を知るには、まず過酷な気候と地形に対応する術を身につけなければならない。

 が、しかし、極地でサバイバルする方法を知る研究者といえども、ペンギンのフンから放出されるガスは予想外だったようだ。

 キングペンギン(別名オウサマペンギン)の巨大コロニーがある南極のサウスジョージア島で研究を行っていた研究者らは、ペンギンの大群が発する笑気ガスを吸いすぎておバカになってしまったようだ。
【氷河が後退した土地でペンギンが大量繁殖】

 南極の北側に浮かぶイギリス領サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島――その1つを構成するサウスジョージア島は、このところキングペンギンを研究するには絶好の場所となっている。

 最近の温暖化で氷河が後退したおかげで、キングペンギンが繁殖するにはうってつけの土地が出現したからだ。

 今、この島には大人のキングペンギンが30万羽生息している。これだけのペンギンがいれば当然それだけフンも出るわけだが、それが困った事態をも引き起こしているという。

 『Science of The Total Environment』(5月20日付)に掲載された研究によれば、じつはそのフンからは温室効果ガスが放出されており、そのおかげでいっそう氷河が解けてしまっているのだそうだ。

 そして、氷河が後退した土地にさらにキングペンギンが繁殖し、よりいっそう融解が進むというループが形成されてしまっている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。