南極で発見された謎の化石の正体がついに判明、巨大な卵であることが判明。

南極で発見された謎の化石の正体がついに判明、巨大な卵であることが判明。

謎の丸い物体は卵だった image by:Francisco Hueichaleo, 2020
 南極で発見されたアメフトのボールくらいの化石は「ザ・シング(物体)」と呼ばれている。

 10年前に発見されて以来、さまざまな議論が交わされてきた謎の物体だったが、このほどその正体がついに判明したそうだ。

 『Nature』(6月17日付)に掲載された研究によると、どうやら6800万年前に絶滅したとされる大型の海生爬虫類か、もしくは恐竜が産んだ、軟らかい殻を持つタマゴであるという。しかも、これまで発見されたものとしては最大の大きさだ。
【アメフトボールのような巨大な軟殻卵】

 テキサス大学オースティン校のルーカス・ルジャンドル氏は説明する。

これまで発見された軟殻のタマゴとしては圧倒的に最大です。こうしたタマゴがこれほどまでに大きくなれるとは知りませんでした。

大型の海生爬虫類のものだと推測していますが、そうだとすれば、そうした動物のユニークな生殖戦略を示していると思われます

[画像を見る]
image by:Legendre et al., (2020)
 タマゴの化石は、2011年に南極でチリの研究グループによって発掘された。それは28×18センチとアメフトのボールくらいの大きさで、どことなくジャガイモにも似ている。
 
 あまりにも大きく、しかも中に骨の類が入っているわけではないので、タマゴと言われてもすぐにはピンとこないことだろう。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月23日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。