古代エジプト時代の猫・鳥・へびのミイラ。その内部が高解像度のマイクロCTスキャンで明らかに(英研究)

古代エジプト時代の猫・鳥・へびのミイラ。その内部が高解像度のマイクロCTスキャンで明らかに(英研究)

マイクロCTスキャンで見た古代エジプト猫ミイラの内部 image by:University of Swansea
 古代エジプト人は、人間と同じように動物の死体もミイラにして、神への捧げものとした。こうした大古のミイラの多くは現存しているが、脆くて壊れやすく、詳しく調べるのはなかなか難しい。

 そこで、異なる分野の専門家たちが集結して、2000年前に作られた、猫、鳥、ヘビのミイラの内部を、医療用CTスキャンの100倍の解像度をもつ、マイクロCTスキャンを使用し、非破壊な方法で調べることに成功した。
【2000年以上前の猫、鳥、ヘビのミイラをマイクロCTで観察】

 イギリス、スウォンジー大学の研究者は、まとまったミイラ標本を所蔵していて、その中から大きさも姿形も違う猫、鳥、ヘビの3種を選び出した。

[画像を見る]
蛇・猫・鳥のミイラ image by:University of Swansea
 スキャンの結果、猫の頭部は、色のついた埋葬用マスクで飾られていて、ミイラにしてから胴体とは別にラッピングされたようだ。

 鳥のミイラは、包帯の底から折れた足が飛び出していた以外は目立った損傷はなかった。ヘビの場合は、2009年にX線にかけるまではヘビだとはっきりわからなかったが、中でとぐろを巻いたままミイラになっていることが判明した。

 マイクロCTのおかげで、小さな骨や歯、乾燥しきった組織など、遺骸の極めて細かい部分の画像まで作成することができた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク