インドネシアのブトゥン島の部族が持つ、美しく鮮やかな青い瞳

インドネシアのブトゥン島の部族が持つ、美しく鮮やかな青い瞳

美しい青い瞳を持つインドネシアの部族 image credit:geo.rock888/Instagram
 インドネシアは、490ほどの民族集団が暮らす多様な文化を持つ島国として知られている。南東スラウェシ州にある「ブトゥン島」にはブトゥン族と呼ばれる少数民族が暮らしているのだが、彼らの一部には稀有な特徴がある。

 まるで澄み切った海のような、鮮やかな青い瞳を持つ者がいるのだ。それは両目であることもあれば、オッドアイである場合もある。
【青い瞳を持つブトゥン島の先住民部族】

 インドネシアのジャワ島ジャカルタ在住のアマチュアカメラマン、コルチノイ・パサリブさん(38歳)は、本職は地質学者だが、趣味で2019年よりインドネシアの多様な民族や文化に惹かれ撮影を続けて来た。

 そして先月17日、東南スラウェシ州に属するブトゥン島を訪れたパサリブさんは、青い瞳を持つ先住民とされる部族の複数の姿をカメラに収めた。

[画像を見る]
 多種多様な民族が暮らすインドネシアだが、ほとんどの人は黒い髪と黒もしくは茶色がかった瞳をしている。

 しかし、ブトゥン島に暮らす人たちの中には、両目が明るく澄んだブルー色だったり、片目がブルーでもう片方は黒か茶色といったオッドアイを持つ大人や子供がいるのだ。

[画像を見る]
[画像を見る]
【染色体異常を特徴とするワールデンブルグ症候群】

 実は、この瞳の色は「ワールデンブルグ症候群
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク