1年間冷凍保存していたトウモロコシの発酵麺を食べた家族、食中毒で9人死亡(中国)

       
 
【ボンクレキン酸により9人全員が死亡】

 病院で治療を受けていた9人のうち7人は、10日までに死亡し、1人はその翌日死亡。李さん(47歳)自身も危篤という重体だったが、19日に死亡したことが李さんの息子により明らかになった。

 警察と保健省の調べでは、李さんは自家製の酸湯子(スワンタンズ)を1年間冷凍庫に入れて保存してあったという。

 冷凍期間が長かったことから、発生したバクテリアが呼吸毒素のボンクレキン酸を生み出し、中毒を引き起こしたとみられ、保健省は麺の皿と死亡した9人の患者の胃液から、高濃度のボンクレキン酸が検出されたことを発表した。

 ボンクレキン酸は、でんぷんを使った食品でしばしば繁殖すると言われている。保管方法が不適切な場合、これがもとで食中毒を引き起こす場合があるようだ。

 毒性が強いボンクレキン酸は、熱に極めて強く、100度のお湯で沸かしてもその毒性を消滅できない。有効な解毒剤はなく、一旦摂取すると数時間で中毒症状が起こり、致死率は40%~100%に達すると言われている。

[画像を見る]
iStock
 中国では、2015年にも酸湯子(スワンタンズ)を食べた母子4人が食中毒を起こし、死亡している。また、今年7月には広東省でも、ボンクレキン酸が繁殖した麺類を食べた1人が中毒死するというニュースが伝えられていた。

 警察は、今回の1件においても「事件性はなく食中毒」と断定している。

追記(本文を一部修正して再送します)
written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:1年間冷凍保存していたトウモロコシの発酵麺を食べた家族、食中毒で9人死亡(中国) http://karapaia.com/archives/52295863.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。