また食べられそう。南極で100年前のフルーツケーキが発見される

また食べられそう。南極で100年前のフルーツケーキが発見される
       

南極で発見された100年前のフルーツケーキ image by:Antarctic Heritage Trust
まさか、南極のキャンプ地でイギリスの伝統的なフルーツケーキを見つけるとは思ってもみなかっただろう。しかもこのケーキ、冷凍保存状態にあったせいか、まだ食べられそうにすら見える。

発見したのは現代のニュージーランドの探検家チーム「アンタークティック・ヘリテージ・トラスト」で、アデア岬にある南極最古の建物と言われるの小屋の中にあったという。
【100年前にイギリスの遠征隊が残していったフルーツケーキ】


およそ100年前のイギリスのこの伝統食は、この過酷な環境の中でも、しっかり守られていたようだ。

もともとのパッケージも手つかずでそのままきれいに残っていた。腐食したブリキの缶の中に紙に包まれて入っていたが、見た目、香りとも問題なく、まだ食べられそうなほど完璧な状態で見つかったという。

[画像を見る]
image by:Antarctic Heritage Trust
イギリスの探検家ロバート・ファルコン・スコット隊が、1910年から1913年にかけてのテラノバ遠征の際に残していったものと考えられる。

[画像を見る]
image by:Antarctic Heritage Trust
悲劇のテラノバ遠征隊がアデア岬の小屋で避難したことは知られていて、南極管理局のチームが2016年から遺物を回収している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月17日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。