美しい装飾の織物で包まれた古代エジプトのミイラの中身の謎をCTスキャンで解明

美しい装飾の織物で包まれた古代エジプトのミイラの中身の謎をCTスキャンで解明
       

ミイラの中身をCTスキャンで解明 image by:Zesch S, et al. / PLOS One
 現代のCTスキャン技術のおかげで、400年以上前に発見された古代エジプトのミイラ3体の詳細が判明した。

 古代エジプト、サッカラの共同墓地で1615年に発見されたミイラは、紀元前30年から紀元395年の間ものと判明、成人の男女、そして十代の少女だった。

 ミイラは、棺ではなく木の板の上に安置され、高品質の織物の屍衣で包まれていた。その表面には、漆喰や金で装飾された本人とおぼしき肖像画が描かれている。
【約400年前に発見されたミイラの謎をCTスキャンで解明】

 これらのミイラは、古代エジプトのネクロポリス(共同墓地)、「サッカラ」で発掘され、うち男女2体のミイラは1615年、イタリアの作曲家、ピエトロ・デラ・ヴァレ(1586~1652)が聖地巡礼のためにエジプトを通過した時に購入してローマへ送った。

 長旅のせいで少し損なわれてしまったが、これが、ヨーロッパに紹介された最初の肖像ミイラとされている。

 その後2体は数回所有者が代わり、最終的にドイツのドレスデン州立美術館に収蔵される。1980年代に、X線撮影が行われたが詳しい情報は得られなかった。

 少女のミイラは、カイロのエジプト考古学博物館に所蔵されている。

 今回、ドイツ、マンハイムにあるライス・エンゲルホルン博物館のステファニー・ゼッシュ博士ら研究チームが、これらのミイラをCTスキャンにかけ、3体とも紀元前30年から紀元395年の間のものと特定した。この時代は、エジプトにおけるローマ時代後期にあたる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月16日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。