グリーンランドの氷床の地下から巨大な古代湖が発見される

グリーンランドの氷床の地下から巨大な古代湖が発見される

グリーンランドの地下から古代湖発見 image by:NASA
 グリーンランド北西部の氷床の地下深くに、巨大な古代湖の名残が存在することがわかった。およそ数十万年前のものと推定されるという。

 巨大な化石湖床は、この地域でこれまで科学者が見たことのない現象だが、広大なグリーンランド氷床(南極大陸に次ぐ世界第二位)が、驚異的なペースで氷の塊を動かしながら、その氷の下に多くの謎を隠していることはわかっていた。
【グリーンランド氷床に眠る無数の氷底湖】

 昨年、研究者たちは、グリーンランド氷床の下に、50以上の氷底湖があるを発見したと報告した。これらは基岩と上にある氷床の間に氷が溶けた液体の水が閉じ込められた状態になっているという。

 新たに発見された古代湖は別の性質のもので、湖水盆地は長い間乾燥していて、計り知れない年月の堆積物でいっぱいになっており、厚さは最大1.2 kmの緩い岩で、さらに1.8kmの氷に覆われていっる。

 湖が形成された遥か昔、この地域に氷はなく、湖はおよそ7100平方キロメートルもの広大な表面積をもつ、とてつもない水を支えていたという。

 この巨大な湖には、かつて北側に存在していた少なくとも18の古代の川のネットワークが注ぎ込み、およそ580立方キロメートルの水をたたえていた。

[画像を見る]
湖水盆地(赤で囲まれた部分)には古代の川が注ぎ込んでいる

【堆積物が古代湖の謎を解くカギに】
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク