気候変動で氷が解け、古代の矢を大量に発見(ノルウェー)

気候変動で氷が解け、古代の矢を大量に発見(ノルウェー)
       

氷が解けて古代の矢を大量に発見 image by:Innlandet County Council
 氷は天然のタイムカプセルだ。気候変動、温暖化で解けた氷の中から、石器時代から中世にかけての矢が大量に出現したそうだ。
 
 ノルウェー南部のヨートゥンヘイム山地で発見されたのは、矢のシャフトの部分68本だ。最も古いもので6000年前のものもあった。いくつかは矢尻付きのものもあり、それ以外の遺物も見つかったとのこと。
【狩りに使用されていた古代の矢】

The Holocene』(11月25日付)に掲載された研究によれば、もっとも古い矢は紀元前4100年頃、新しいものは1300年頃のもの。また特に多かったのは1700年前から1200年前のものだ。

 一部に残されていた矢尻の素材は、骨・粘板岩・鉄・珪岩などさまざまで、中には貝殻から作られたものもあった。さらに木製のシャフトに固定するために使われた糸やタールも発見されている。

 氷の中からはトナカイのツノや骨が300点近くも見つかっている。くわえて発見地が現在でもトナカイが生息する地域であることから、その辺りは何千年も主要な狩場だったのだろうと推測されている。

 それ以外にも3000年前の靴や、肉を包むために使われた可能性がある布も発見されたとのことだ。

[画像を見る]
image by:Innlandet County Council
【氷は遺物の保管庫】

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。