長さ4メートルに及ぶ巨大な「死者の書」が発掘される(エジプト)

長さ4メートルに及ぶ巨大な「死者の書」が発掘される(エジプト)

第17章が含まれた4メートルもの『死者の書』のパピルス image by:Egyptian Antiquities Ministry
 古代エジプトの埋葬地サッカラで、紀元前2323年から2291年頃までエジプトを統治したエジプト第6王朝の初代ファラオ、テティ王の妻、ニアリット女王の埋葬殿の発掘作業が行われた。

 石で作られた神殿の南東には、3つの泥レンガ倉庫があり、そこには女王やファラオへの供物が保管されていた。

 その中には長さ4メートルにも及ぶ「死者の書」のパピルスも含まれており、専門家らは、サッカラの歴史を書き換える発見だと驚きを隠せないようだ。
【20以上の埋葬縦穴と50以上の木棺を発掘】

 数年前、テティ王のピラミッドの近くで妻・ニアリット女王の埋葬殿の一部が発見された。今回その周辺の発掘を進めたところ、ニアリット女王の埋葬殿の付近で、埋葬用の縦穴を20以上発見し、内部から50以上もの木製の棺が出てきた。

 そこから第18王朝と第19王朝(紀元前1550~1186年)時代の人たちの遺体が出てきた。

 どうやらこの墓は、テティ王の死後、結成された王の崇拝者たちのものだった可能性がある。この集団は、1000年以上活動を続けており、ファラオ(テティ王)のピラミッドの近くに埋葬されることを望んだようだ。 

[動画を見る]
New discovery in Giza | Archeologists found funerary temple of Queen Neit

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月23日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。