人類史上最速記録を持つ物体はマンホールの蓋!核実験で宇宙へと飛ばされる

人類史上最速記録を持つ物体はマンホールの蓋!核実験で宇宙へと飛ばされる

人類史上最速の人工物はマンホールの蓋 /iStock
 さて、ここで問題だ。人工物の中で史上最速記録を保持している物体は何だろうか? 答えは目にもとまらぬ弾丸や、大気圏を突破して宇宙に飛び立つロケットでもない。なんとマンホールの蓋だ。

 大切なことなので、もう一度言おう。マンホールの蓋である。

 1950年代に行われたアメリカの地下核実験により飛ばされたものだ。
【地上から地下へ、アメリカの核実験の歴史】

 第二次世界大戦後期に遂行されたマンハッタン計画は、その後の核時代の号砲となった。1945~92年にかけて、アメリカは実験のためにじつに1000発以上の核弾頭を起爆している。
 
 もちろんそうした実験は、人気のない砂漠や海のど真ん中で行われた。それでも核爆発によって舞い上がる死の灰は危険きわまりなく、風に乗って大気や人々を汚染しかねない。

 1950年代後半、国防総省は核実験の大半を地下で行うことを決定。これ以前にも地下実験が行われたことはあったが、ついに核爆発の爆風を完全に封じ込めることができる容器の設計が進められることになった。

[画像を見る]
1962年7月6日、ネバダ核実験場のユッカ平原で行われた浅深度地下核実験「セダン核実験」

【プラムボブ作戦でマンホールの蓋が世界最速記録】

 1957年5月28日から10月7日まで、ネバダ核実験場で29回の実験が行われた「プラムボブ作戦」は、アメリカ国内で行われたものとして最大規模かつ最長の核実験だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク