海水に流れ込んだ抗うつ剤「プロザック」が魚をゾンビのように没個性化させてしまうという研究結果

海水に流れ込んだ抗うつ剤「プロザック」が魚をゾンビのように没個性化させてしまうという研究結果


 人間が飲む薬は、服用したらそれで終わりではない。その後思わぬ場所で思わぬ影響をもたらしていることがある。

 大抵の薬はすべてが人体に吸収されることはなく、吸収されなかった薬はやがて体の外に排出される。つまりはトイレへと放出され、そこから下水へ流れ込む。さらに下水処理場でも処理しきれなかったものは、最終的に海にたどり着く。

 そうなると意図せずして人間の薬を飲んでしまう海の生き物が出てくる。彼らは人間の薬を体に取り込むことになり、魚がメス化するなど、ときに思わぬ副作用が生じることもある。

 そして今回の研究でわかったのは、抗うつ剤「プロザック」の成分を吸収してしまった魚は、ゾンビのように没個性化してしまうということだ。
【人間の抗うつ剤が魚にも影響をもたらす】

 海の生物に影響を与える可能性が懸念されている薬の1つに抗うつ剤がある。

 西オーストラリア大学の研究グループによると、向精神薬は人間の脳に備わっている受容体をターゲットにするが、そうした受容体は動物界に広く見られるのだという。そのために人間以外の種に効いたとしてもちっとも不思議ではないのだそうだ。

 垂れ流される抗うつ剤がどれほど広まっているのかはっきりとしたことは分からない。しかし食事や交尾まで、事実上、野生の魚のあらゆる行動を変えてしまう可能性があると考えることができる。

 中でも最大の謎の1つとされるのが、それが個体レベルに影響する程度だ。これまでの関連研究は、集団単位を観察したもので、個々の魚にどのような変化が現れるのか調べたものはあまりない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク