41年間女性の存在を知らなかった男性

41年間女性の存在を知らなかった男性

 ベトナム戦争中、父親に連れられジャングルにこもり、2歳の時から人間社会と隔絶した生活を送っていたホー・ヴァン・ランさんは、8年前に救出されベトナムの小さな村に引っ越してきた。

 彼は41年間女性の存在を知らなかったという。女性の存在を知った今でも、その本質的な違いについてはわかっていないようで、生殖本能もなさそうだという。

【ベトナム戦争中に父親とジャングルにこもった男性】
 1972年、ベトナム戦争中に米軍の爆撃で母親とほかの2人のきょうだいが亡くなり、当時2歳だったランさんは父親に連れられて文明社会から逃げ出した。

 今でも、父親はベトナム戦争が終わったことを信じていないため、戦争中の恐怖を病的に怖れていて、いずれはジャングルに戻りたいと思っている。

 ランさんは、人生のほとんどをクアンガイ省タイ・トラ地区にあるジャングルの奥深くで過ごした。

 彼は、あらゆる手段で獲物を狩るのに長けていて、果物、ハチミツ、サル、ヘビ、トカゲ、カエルなどを食料として、完全に野生の中で生きてきた。ちなみに、ネズミの部位で一番おいしいのは頭だそうだ。[画像を見る] 【41年間、女性の存在を知らなかった】
 現在49歳のランさんに女性について知っているかと訊いたところ、父親からなんの説明も受けたことはないが、村で見たことがあると答えた。

 ジャングルで暮らしていたとき、姿を見かけたことがある人間は5人だけで、いずれも、すぐに逃げて隠れたという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク