ぼやけた画像がくっきり鮮明に!Googleの画像合成AI技術が凄すぎて人間にも区別できないレベル

ぼやけた画像がくっきり鮮明に!Googleの画像合成AI技術が凄すぎて人間にも区別できないレベル
Photo by:Google AI
低解像度の画像はぼやけていて、どんなに目を細めてみたところで、くっきり鮮明に見えることはない。

だが、Googleが開発した画像合成AI技術を使うと、低解像度の画像をごく自然な高解像度画像に変換することができる。

その出来栄えはあまりにも自然すぎて、処理された画像がオリジナルで、もともとの画像の方がモザイクでぼかされたものに思えてくるほどだ。

この技術を応用すれば、不鮮明な古い写真を綺麗に仕上げたり、医療用の画像装置を改善したりと、さまざまな分野で役立つことが期待されている。


あえてノイズを追加することで高解像度画像を生成これまで画像合成処理を行うAIとして一般的だったのは、「敵対的生成ネットワーク(GAN)」「変分オートエンコーダ(VAE)」「自己回帰モデル」といった深層生成モデルだった。

しかしGoogle AIが投稿したブログ(21年7月16日付)によると、今回の技術には「SR3(Super-Resolution
via Repeated Refinement)
」といった「拡散モデル(diffusion model)」が採用されている。

このモデルは、入力された画像データにあえてノイズを加えていく。どんどんノイズを加えて画像を破壊する。そしてAIはその過程を学習する。

画像をただのノイズにまで壊してしまったら、学習したニューラルネットワークにもとづき今度はそのプロセスを逆転する。すると、もともとの画像よりもずっと鮮明な画像が生成されるのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク