悪魔はいなかった。前人未踏とされるイエメンの「地獄の井戸」の底に探検隊が到達

悪魔はいなかった。前人未踏とされるイエメンの「地獄の井戸」の底に探検隊が到達
 イエメン東部のマフラ県の砂漠には数世紀前から存在する巨大な陥没穴「バラフートの井戸」がある。

 最深部から悪臭が漂うその場所は、地元の人々からは悪魔が収監されていると恐れられており、「地獄の井戸」の異名を持っている。

 その為、近づく者はおろか、誰もこの穴に入ろうとせず、底に何があるのかは不明だった。そこで今回、オマーンの洞窟探検隊が地獄の井戸の底に下り立った。

 どうやらそこに悪魔はいなかったようである。
 

[動画を見る]

This what Omani exploration team found inside the well of Hell地獄の井戸の最深部に下り立った探検隊 イエメンとオマーンの国境近くにあるマフラ県の砂漠にある地獄の井戸こと「バラフートの井戸」に挑んだのは、地質学者、モハマド・アル・キンディ教授ら率いるオマーンの洞窟探検隊チームだ。

 チームの2人は地上に残り、キンディ教授ら8人がロープを使って底に下りて行った。穴の幅は30メートル、深さは約112メートルあった。

[画像を見る]

穴の底に何が眠っていたのか? イエメンの人々に悪魔の監獄と恐れられ、近づくのはおろか、話をするのもタブーとされていた地獄の井戸は、数百年前から存在し、背教者や非信者が死後に拷問を受ける場所だとも、中に入ったら頭を切り落とされるとも伝えられている。

 果たして中には何があったのか?

 どうやら悪魔はいなかったようだが、生きたヘビが多数住んでいたという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク