消しても取り除いてもまた床に現れる「ベルメスの顔」の謎

消しても取り除いてもまた床に現れる「ベルメスの顔」の謎
Wikimedia Commons
 「ベルメスの顔」は、長年、超常現象研究家を悩ませてきた怪奇現象だ。

  スペインのある家のコンクリートの床に、顔のようなシミが浮かび上がってきた。すぐに破壊されて新しい床に替えられたが、その後も顔は浮かび上がってくる。

 消しても消しても浮かび上がってくるこのシミの謎を解明すべく、調査のために破壊されたコンクリートが採取された。

取り除いても消しても浮かび上がる人の顔をしたシミ 日々、私たちは皆、服や家のあちこちにつく頑固なシミ(染み)と闘い続けている。そんな中、もし、あなたの家の床に人の顔のように見える不気味な染みが現われ、いくら消してもまた出てくるとしたら?

 それは怪奇現象だと説明されたら、どう思うだろうか。

 1971年8月23日、スペイン、アンダルシア州ハエン県の小さな町、ベルメスに住むマリア・ゴメス夫人は、床に顔のような染みを発見した。

 何度消しても消えないため、マリアは夫のフアン・ペレイラと、息子のミゲルにこのシミを斧で打ち砕いて取り除いてもらい、新たなコンクリートを流し込んでもらった。

[画像を見る]

ペレイラ家の台所の床に現れた人の顔をしたシミ / image credit:Wikimedia Commons

 ところが、新しいコンクリート渇くとまた新たな顔が現われ、こちらを見返してきた。消しても消してもまた現われる。

 それは現われるたびに、少しずつ違った顔になり、さらには複数の場所に仲間が増えることもあった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク