誰も源に到達することができない。ミステリアスな古代の源泉「フォッセディオンヌ」

誰も源に到達することができない。ミステリアスな古代の源泉「フォッセディオンヌ」
image credit:Wikipedia

 フランスのブルゴーニュ地方に、古代から存在し、“神の穴”と呼ばれる泉「フォッセディオンヌ」がある。

 実はこの泉、その源をこれまで誰も見つけることができないミステリアスな泉として知られている。

 過去には、謎を解明しようと潜った複数のダイバーが死亡したこともあり、古くから地元の人々の間では「水底には蛇が棲んでいる」「源は別の世界への入り口」と言い伝えられているという。

[動画を見る]

Fosse DIONNE TONNERRE - PLONGEEミステリアスな泉、フォッセディオンヌ フランス北東部ブルゴーニュ地方の町トンネレにある「フォッセディオンヌ」は、西暦645年頃、当時使えなかった沼地を僧侶ジャン・ドゥ・レオームが奇跡的に泉に変えたという説が伝えられる古代の源泉だ。

[動画を見る]

 この泉は、カルスト地形の地域に多く見られるタイプのカルスト泉で、毎秒平均311リットルもの高い流出量の水を噴出するという。[画像を見る]  その速度は季節により異なるそうだが、特に雨が多く降る時期には毎秒3000リットルにも上る噴出量となるようだ。

 18世紀になると、円形の石の囲いが建設され、湧き出るターコイズ色の水をローマ人は飲料水として使用し、ケルト人は神聖な水として崇めたが、当時の地元住民には公衆浴場として使用されていたとも伝えられている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク