新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!

新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!
拡大する(全5枚)

新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカラ...の画像はこちら >>

天気の子(1)』(原作:新海 誠 漫画:窪田 航)

2019年、日本での映画興行収入ナンバー1に輝いた新海誠監督の『天気の子』。そのコミカライズとなれば、否応なしに期待が高まります。
特に映画を観た人であれば、最初のページがどんなシーンから始まるのかが気になるところ。それによって映画をそのままなぞった作品なのか、オリジナルが含まれる可能性があるのか予想がつくからです。
このコミカライズは後者。映画とは違うシーンから始まるので、より一層、期待が高まりました!

高校1年の夏に離島から東京に家出して来た帆高(ほだか)は、新宿のホテル街で男たちと居た陽菜(ひな)を助けます。土砂降りの雨の中、2人が逃げ込んだのは廃ビル。
あの印象的で有名なシーンが、どんなふうに描かれるのだろうとページをめくると……。

新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!


新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!


映画とは違いモノクロで動かないのに、心の清らかさまで伝わるような美しい陽菜がしっかりとそこに居て、思わず「また陽菜に会うことができた!」と思ってしまいました。

陽菜に特別な能力があると知った帆高は、陽菜と弟の凪(なぎ)の生活費の足しになればと「雨空を晴れに変える」商売を始めます。
ところが「天気の御子」である陽菜は、晴天と引き換えに代償を払わなければならず……。

映画ではリアルな東京の街並みや映像の美しさに引っ張られ、気にはなっていたけれど素通りしてしまった部分がいくつかありました。
その1つが、帆高が家出をした理由です。


この記事の画像

「新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!」の画像1 「新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!」の画像2 「新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!」の画像3 「新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!」の画像4
「新海誠監督の大ヒット作「天気の子」を期待の新鋭が完全コミカライズ!」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

講談社コミックプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天気の子」に関する記事

「天気の子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気の子」の記事

次に読みたい「天気の子」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク