【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆
拡大する(全6枚)
(223656)

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は中京区、御池通り鴨川御池大橋西詰にある句碑。日本を代表する文豪・夏目漱石が京都をモチーフにして詠んだ俳句。

俳人・夏目漱石の心象風景をたどる

【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠...の画像はこちら >>

中京区、鴨川沿いの御池通。京都の街を碁盤の目に例えていえば、横を走る通り。この日はすでに夏のような日差し。日向と日陰がくっきりと分かれるような、そんな暑さともなう昼下がり。
【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆
(223657)

そんな御池通りの南側の歩道。街路樹の影でその存在があいまいになっていますが。

【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆
(223658)

その街路樹の根元に石碑と駒札があります。

こちらは国語の教科書でもお馴染み、明治から大正時代にかけて執筆に励んだ日本を代表する文豪・夏目漱石の俳句が記された句碑。

夏目漱石の代表的著書といえば、『坊ちゃん』『こころ』『吾輩は猫である』など、数々挙げられ、さらにそれらの作品は映画やドラマにもされるほど。まさに国民的作家と言えます。

そんな漱石ですが、小説以外のジャンルとして俳句においても数々の作品を残していた、というのを御存じでしたか?実際私も以前たまたま通りかかって、この句碑を見つけて知ったほど(笑)そして個人的な話ですが、私自身一昨年から俳句を習い始め、俳句の知識を多少持った状態で作品と対峙すると今ならどう読めるかな?と。改めて漱石の俳句を詠みたいな、と思いやってきました。
【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆
(223660)

夏目漱石は帝国大学(現東京大学)に通学中、今では日本の代表的俳人として知られる正岡子規と学友であったことから子規に感化され、生涯で約2600句の俳句を残しました。子規は、漱石の俳句を意匠が斬新で句法も自在であると、その才能を評価したと伝わります。

この記事の画像

「【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆」の画像1 「【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆」の画像2 「【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆」の画像3 「【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆」の画像4
「【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆」の画像5 「【京都俳句めぐり】日本を代表する文豪・夏目漱石の最後の恋を詠んだ句碑☆」の画像6