【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》

広沢池から始まり、大沢池、大覚寺、清凉寺、法輪寺、竹林の小径などを経て、平安神宮の神苑まで行ってきました。
そのため今回の記事は、長編小説「細雪」と同じく長編となり、「前編」・「後編」に分けてレポートします。

桜の季節は終わりましたが、ぜひ「細雪」のマキオカ姉妹と共にお花見をしたイメージで、記事をお読みいただけると嬉しいです。
【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》
【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》
物語では、次女・幸子、幸子の婿養子の貞之助、小学生になる娘の悦子、三女・雪子、四女・妙子の5人で京都へ訪れている。

さあ、一緒に花見を始めましょう。

広沢池の桜

【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》
マキオカ御一行は、花見をまず広沢池から始める。

広沢池(ひろさわのいけ)は、嵯峨野エリアにある月見の名所として有名な人工池で、遍照寺の創建に伴って作られたと言われている。
広沢池の南堤周辺に桜が咲いており、嵯峨の山々と池を背景にして花見を楽しめる。
【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》
マキオカ御一行は、池のほとりにある水面に枝をさしかけた一本の桜の樹の下で、遍照寺山を背景に写真を撮っている。

幸子の婿養子の貞之助が、幸子・悦子・雪子・妙子の順に並んだ姿を持参したライカに収めている。
【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》

マキオカ御一行には、この広沢池で一つの想い出がある。

ある年の春にこの池のほとりにいると、写真機を持った見知らぬ紳士が「ぜひ写真を撮らせてください」と懇願して、数枚写真を撮ってもらった。
紳士は後日、その時の写真を送ってくれたのだが、その中の一枚に幸子と悦子が水面に見入っている後姿の写真があった。

あわせて読みたい

Kyotopiの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。