【インタビュー】佐々木恵梨が「ふゆびより」「はるのとなり」「ロッホと旅人」を経て描き出す、映画『ゆるキャン△』EDテーマ「ミモザ」――今作ならではの“らしさ”と 『ゆるキャン△』が教えてくれたものとは?
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
女子高生たちのアウトドアライフを描く人気アニメの最新作、映画『ゆるキャン△』が、7月1日(金)よりついに公開される。原作者・あfろの監修による完全オリジナルストーリーで描かれるのは、各務原なでしこ志摩リン、大垣千明、犬山あおい、斉藤恵那らかつてのキャンプ仲間たちの社会人になった姿。そして成長した彼女たちの新しいステップに優しく寄り添うのが、佐々木恵梨が歌うEDテーマ「ミモザ」だ。

TVアニメ第1作目の「ふゆびより」、第2作目の「はるのとなり」、ゲーム「ゆるキャン△ Have a nice day!」の「ロッホと旅人」。これまで3作品のEDテーマを担当してきた佐々木だからこそ表現できる、今作ならではの『ゆるキャン△』らしさ、そして作品との出会いがもたらしたものについて話を聞いた。

社会人になったなでしこたちの気持ちに寄り添う「ミモザ」
――佐々木さんはTVアニメ第1作目の頃から『ゆるキャン△』シリーズのEDテーマを担当し続けていますが、作品に対してどんな想いをお持ちですか?

佐々木恵梨 『ゆるキャン△』に関わる前もアニメのタイアップ曲を歌ってはいたんですけど、『ゆるキャン△』の第1作目のときに初めて自分で作詞・作曲をしたんです。色んな人たちがどんな楽曲にするかを話し合っている際に、自分から「こういう楽曲はどうですか?」と提案をして。その意味でもターニングポイントになった作品なので、とても感謝しています。